2011年3月11日の東日本大震災以降、山元町(宮城県)では、さまざまな課題に直面しながらも、世界最先端いちご農場「ICHIGO-WORLD」を中心として、復興が進んでいます。日本中、世界中から、山元町に人が集まってきて・・・

高いビルや、新しい建材を使った現代的な家が主流となっている今。 みなさん、古き良き建物の魅力を忘れてはいませんか? これは、昔ながらの家づくりやその技術を今もなお伝えていこうとする、熱い想いを持った職人のストーリーです。・・・

柔らかな日差しが落ちる工房に佇む男性は関口隆志さん。職業、家具職人。 かつては「普通の人生」を嫌って世界を放浪し、人との馴れ合いを遠ざけた日々もありました。 そんな関口さんが家具づくりを通して得た人とのつながりとは。 &・・・

山元町で約50年続く「岩佐海苔店」。 ここで今、海苔業界に新しい風を吹かせようと活動を続ける男性がいます。 彼の名は、岩佐真吾さん。歴史ある海苔店が手掛けるブランディングストーリーを伺いました。   海苔を深く・・・

なんだか最近、元気が出ない。でも、病院に行くほどのことでもない。 そんなとき、隣で話を聞いてくれる人がいたら…。 永谷由美さんは、そんなときに「どうしたの?」と声をかけてくれる、「町のお姉さん」のような存在です。 &nb・・・

「東北のいちご産地といえば山元町」と言われるほど、いちご作りが盛んな山元町。 ここに、日々新しい発想を求め、“いちご作りのその先”に思いを馳せるひとりのいちご農家がいます。 それが、燦燦園の深沼陽一さんです。 &nbsp・・・

山元町だけでなく、県南地域の中でも人気のケーキ店『Petite joie (プチット ジョア)』。 夫婦2人で営むこのお店には、山元町産の食材のおいしさを詰め込んだケーキとの出合いが待っています。   パティシ・・・

11月25日、宮城県南端の丸森町耕野地区で、「ころ柿」作りの援農ボランティアに参加してきました。11月は、「ころ柿」作りの最盛期。里山の風景が広がる耕野地区のあちこちで収穫を待つ柿がたわわに実っていました。 地域によって・・・